野平さん

卓球界でこの苗字を知らない人はあまりいないと思います。

 

息子さんの直孝さんは元全日本チャンピオンで西国分寺で餃子屋さんをやっています。

 

先日直孝さんの父の元全日本監督の野平孝雄さんがお亡くなりになったと卓球王国で見ました。

 

野平さんとの出会いは大学時代で直孝さんはちょいちょい大学に練習に来て頂き、孝雄さんは当時小学生だった明治の池田くんを連れてたまに練習に来ていました。

 

私は大学入学当時は他に特待生での入学が決まっていた大学を専修大学に進学したいという思いで親にお願いし、負担をかけての入学でなんとか成績を出して恩返ししたいという思いで頑張っていましたが、二年生になり少し卓球以外の楽しみがでで成績も低迷していました。

 

そんな時期に僕のダブルスのパートナーが野平さんに気に入られ全日本に向けての年越し合宿に誘われ、私は全日本の予選も落ちていましたが、もう一度一からやるチャンスと志願して合宿に参加させて頂きました。

 

合宿内容はまさに熱い野平さんらしくしごく・鍛えるでした。時には罵声を浴びる事もありましたが、常に一生懸命な野平さんを信頼していましたので頑張る事が出来ました。

 

その後監督にあまり好かれておらずレギュラーにもなっていなかった僕を何かと応援していただき三年生では実力を、四年生では結果を、卓球を通してのモチベーションを与えて頂き、社会人・今に繋がっています。

 

今まで卓球を通してて様々な人と出会ってお世話になってきましたがが僕の人生の中で野平さんとの出会いは重要なターニングポイントとなりました。

 

 

ご冥福をお祈りします。

 

先日は息子の直孝さんとゴルフに行く事が出来ました。

 

孝雄さんの事は何も触れる事は出来なかったのですが、何か感慨深いものがありました。