【東京選手権大会(ホープス・カブの部)】           2024/1/4〜5  東京武道館

 

・カブ男子 

  1位トーナメント ベスト16 中﨑慧士

  1位トーナメント ベスト32 川口陽向

  2位トーナメント  2位   羽柴文悟

 

・カブ女子 

  2位トーナメント ベスト16 日下菜穂

  2位トーナメント 1回戦敗退 津田沙桜里

 

年明け早々に全国大会が開催され、夏に行われた全国ホカバの時よりも周りの選手も強くなり、レベルの高い大会となりました。YOYO TAKKYUから出場した5名全員が予選リーグを1位、2位で突破し、決勝トーナメントに進みました。全国大会初出場の日下選手は、試合を重ねる度に試合の組み立てが良くなり、2位トーナメントでベスト16、まだ1年生の津田選手はカブの部予選リーグを2位で突破し、決勝トーナメント初戦敗退。

2人とも惜しい試合もありましたが、競った場面でも強い気持ちを持ち、メンタルが崩れないよう成長していきたいと思います。

 

男子カブでは全員がランク入りを目指して挑みましたが、中﨑選手のベスト16が最高成績となりました。

中﨑選手、川口選手はまだ勝った事のない相手に今回も負けてしまいました。良い流れが来たときに、その流れを相手に持って行かれないよう、自分自身で戦術や心のコントロールができるようになる事が必要です。

羽柴選手は2位トーナメントで2位になり、本人の自信に繋がったと思います。これから格上相手にも良い勝負ができるよう練習を積んでいきたいと思います。